本文へスキップ

センサ・アクチュエータをデジタル通信でつなぐIO-Link

近年、工場現場で使用されているセンサー(測定器)、アクチュエータ(操作器)は内部にマイクロプロセッサを実装しており、各種パラメータによる設定、診断機能の充実等の機能拡張が図られています。 「IO-Link」は、工場現場のセンサー・アクチュエータ用デジタル通信規格です。センサー・アクチュエータと制御機器間でやり取りされる測定値、操作値をより高精度に通信できるだけでなく、アナログ通信では伝送できなかったパラメータデータやイベントデータを取り扱うことで、工場のIoT化の実現に貢献します。
「IO-Linkコミュニティ ジャパン」は日本国内でのIO-Linkの普及を促進するため、2017年4月から活動を開始しました。

NEWS新着情報

2017年4月1日
「IO-Linkコミュニティ ジャパン」がスタートしました。
2017年4月26日(水)
プレスリリースを早稲田大学 理工学研究所にて行いました。
2017年6月7日(水)
「IO-Link体験セミナー」を開催します。
2017年6月30日(金)
「IO-Link紹介セミナー」を名古屋で開催します。
2017年7月4日(火)
「IO-Link紹介セミナー」を東京で開催します。

バナースペース

IO-Linkコミュニティ ジャパン

〒141-0022
東京都品川区東五反田3-1-6 
ウエストワールドビル4階 
日本プロフィバス協会内

TEL 03-6450-3739
FAX 03-6450-3739
お問い合わせフォーム
NEWS アーカイブはこちらから